2015年12月12日土曜日

先日箱根大歓山で謎の電装ダウンからの対策

電装は目に見えないので原因の究明が大変ですが....電装ダウンで先ずチェックするのはヒューズだと思います。

ヒューズが切れていれば原因究明に一歩近付きます。

もちろんヒューズを交換してもヒューズが切れた原因が解決する訳ではありません。
切れるには理由があります。

しかし、スポスタのヒューズBOXはバッテリー横にあるのですが予備は1個......ヒューズを交換しても症状が再燃したら当然また切れます(笑)



もう少し予備を持ちたいのと、この小さなヒューズBOX、ヒューズは平ミニ型で箱根で脱着に泣きました!



スポスタは工具所か車検証すら搭載する場所がなく、当然ヒューズ抜きも搭載されてません.....イヤー爪が痛い(笑)


15Aのヒューズが5個使われているのですがヒューズ切れをチェックするには全て引っこ抜く訳で(笑)

でっ考えまして良くショートパーツの梱包等に使われているファスナー付きのビニール小袋、これに両面テープを張り。



サイドカバー内側にペタリ!



必要な各種ヒューズとヒューズ抜きを中に入れます!

社外電装のヒューズはミニ型や普通の平形や低頭、アンペアも様々でも、 これで安心!





ランキング↓ポチっとご協力お願いします!
m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村